そもそも和紙の原料って何?

 

 

こんにちは!

しばらく秋の冷たい雨が続いていた中、

貴重な晴れ間広がった朝に思わず深呼吸をしたスタッフ アチラです。

 

さて、いきなりの質問タイトルから始まりましたが

そもそも和紙の原料ってなんだと思いますか?

その答えは、ズバリ「植物」です!

 

もう少しくわしく説明しますと

(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)という

繊維が長くてやわらかい植物が主な原材料です。

この植物を刈り取り、繊維の質をそろえるなどの手間をかけて

水をはった漉き舟(すきふね)に入れて漉いていきます。

その時には、和紙の専門用語の「ネリ」というものを一緒にいれて漉きます。

「ネリ」は、とてもネバネバしたもので、

トロイアオイ」という植物の根っこを叩いて

水の中に入れておくと、その水自体がネバネバしてきます。

(オクラを切ると、断面からネバネバがでてきますね。

あのネバネバをもっと強くしたイメージです)

このネバネバの「ネリ」を一緒に入れて漉いてたものが、和紙となります。

 

もう少しお話すると、このネバネバの「ネリ」は接着剤の役目ではありません。

和紙は、楮などの長い繊維がからんでできたもので、

いわゆる接着剤は一切使っていないのです。

 

では「ネリ」はなんの役目なのか。

水の中にそのまま繊維だけを入れると、その重さから底に沈んでしまい

漉上げることができません。

でも「ネリ」を入れることで、水の中で楮などの繊維を均一に分解させます、

つまり、ネバネバしていて、繊維が底に沈んでいかないために

漉くことができます。

 

こうしていると、和紙はすべて自然のもの、植物だけで出来上がっていることが

よくわかります。

自然のものから出来上がり、自然に戻すことのできる

本当に「自然にやさしい」素材が、「和紙」なのです。