2019年8月 紙遊クイズのこたえ

※原木を100%としたときの歩留まりです。

和紙原料には、楮・三椏・雁皮などがありますがどの原料も原木から

紙になる量は変わりないのでここでは最も一般的な楮の原木から障子紙を

作る場合の例としています。

まず、原木を蒸して皮を剥ぎます。

これが六分さらしと呼ばれ原木の9%になります。

次に六分さらしをアルカリ性薬品で煮熟するとヘルセルロース、ペクチンなど

不要な部分を溶出するので煮熟した後、充分に水洗いします。

そこから紙を漉いて断裁すると4%の量に過ぎません。

和紙は大変貴重なのです。