和紙・海外紙について

ホーム紙遊の商品和紙・海外紙

 


 

日本で漉かれた和紙 桐生和紙
小川和紙(細川紙) 月桃紙 美濃和紙
海外で漉かれた和紙
ネパール紙(ロクタ紙) タイ紙(サーペーパー)
 
 


 

 

Japanese paper

<<すべての和紙・海外紙のラインナップ>>

 

 

日本古来の住宅に使われてきた天然素材は、ただ魅力的なだけでなく、人間と自然の生態系に有害な物質を含まず、容易に自然還元できる優れたエコロジー素材でもあります。

素材は『(こうぞ)』『三椏(みつまた)』『雁皮(がんぴ)』、海外の『ロクタ』等の自然素材、伝統的技法と独自に考案した技法で作られています。

 

 

当ホームページのカテゴリでは、漉かれた紙を『和紙』とひとくくりにしてしまっておりますが、その中に日本で漉かれた物海外で漉かれた物の2種があります。

 

 


 

 

 

 

1.日本で漉かれた和紙

日本で作られた和紙世界中の文化財の修復にも使われ、『1000年以上』とも言われる保存性と、強靭で柔らかな特性を持っています。

 

 

 

 

 

① 桐生和紙

kiryu

群馬県桐生市梅田町の和紙生産工房で作られています。

大福帳や通い帳、障子紙の用紙として盛んに生産され「桐生紙」として江戸まで売り出されていました。

江戸時代にはたくさんあった漉き元ですが、現在では1軒しか残っておらず、貴重な存在です。

 

きれいな梅田の水で作られる『桐生紙』は、光に当てると現れる微かな光沢がとても美しいです。

また、ちぎると原料である、楮の繊維がとても長く、とてもふわふわした切り口になります。

 

漉き込み紙(染色・天然植物)・漉き合わせ紙・染紙などの種類がございます。

漉き元さんは 桐生市指定重要無形文化財第三号に選ばれています。

 

>>漉き元 桐生和紙さんのホームページ

桐生和紙 ホームページ

 

>>紙遊桐生和紙の商品ラインナップ

 

 


 

 

 

 

 

② 小川和紙

ogawa

埼玉県比企郡小川町、秩父郡東秩父村にて 生産されています。

1300年の歴史のある小川和紙。素朴で暖かみがある独特の風合いがあります。

また、 楮だけを使用し、特殊な方法で作られる『細川紙』国の重要文化財、さらに製造技術は『ユネスコ無形文化遺産』に登録されました。

 

紙遊で販売している小川和紙は、とても薄くて丈夫です。

また染和紙は色がとてもカラフルです。また、板締め染のもの、工芸紙などの特殊なものもございます。

 

>>小川和紙について詳しくこちら

和紙のふるさと 小川町

観光・イベント→地場産業・特産物→小川和紙についてのページへ

 

>>紙遊 小川和紙のラインナップ

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

③月桃紙

Getto

沖縄県を含む亜熱帯で漉かれている和紙です。

『月桃』とは、亜熱帯に群生するショウガ科の植物です。古来より漢方薬として利用されていました。

また、月桃の葉より抽出した月桃精油には防虫抗菌作用があり、和紙にもこの効果があります。

月桃紙も色が多く、また、月桃の繊維が一緒に混ぜられていますので、壁や障子に貼るととてもキレイです。

 

>>紙遊 月桃紙のラインナップ

 

 


 


 

 

 

 

 

④ 美濃和紙

minowasi

左:本美濃紙 右:板締染め和紙

岐阜県美濃市で生産される和紙です。

期限ははっきりわかっておりませんが、小川和紙と同じく約1300年以上の歴史があります。

仏教の普及により、写経用に美濃紙が使われていたようです。

さらに相当な技術を持った職人でしか漉くことの出来ない『本美濃紙』はユネスコ無形文化遺産に選ばれました。

 

>>美濃和紙のラインナップ

 

 


 

 

 

 

 

2.海外で漉かれた和紙

海外で漉かれたものは、手漉きのものもあれば、紙の原料を箱に入れ、溜めて漉く『溜漉き』のものがあります。

 


 

 

 

 

 

①ネパール紙 (ロクタ紙)

Nepal

ネパール連邦民主共和国で漉いた紙です。

よく『ロクタ紙』や『ライスペーパー』と呼ばれています。(当店ではネパール紙と呼んでいます。)

和紙の材料である三椏の原種とも言われる『ロクタ (日本名ではチンチョウゲ)』の繊維は長く、大変丈夫です。

 

凹凸があるもの、自然の葉っぱや花などが一緒に漉かれているものが多く、

光沢は和紙と比べるとありませんが、花や草木がすき込まれ、ダイナミックな存在感があります。

 

>> ネパール紙のラインナップ

 

 


 

 

 

 

 

② タイ紙

Thailand

タイ王国で漉かれた紙です。

紙遊ではタイ紙と呼んでいますか、サーペーパー(Sa Paper)とも呼ばれます。

サーとは日本名では『桑』だそうで、紙遊では、桑だけでなく様々な原料で作られたものを扱っております。

ネパール紙と似たものもありますが、ローケツのものや、印刷されたもの、面白い模様のものなど、

かわいさのあるものが多いです。

 

>>タイ紙 ラインナップ 

 

 


素敵な商品を見つけて下さい♪

ホーム紙遊の商品和紙・海外紙


 

日本で漉かれた和紙 桐生和紙
小川和紙(細川紙) 月桃紙 美濃和紙
海外で漉かれた和紙
ネパール紙(ロクタ紙) タイ紙(サーペーパー)
 


 

Japanese paper

<<すべての和紙・海外紙のラインナップ>>

 


 

こんな商品はあるのか…?

この商品についてもっと知りたい!

そんな方は、ぜひお問合せください!

 

 

当ホームページからのおといあわせ

お問い合わせフォーム

 

 

 

お電話・FAXでのおといあわせ

紙遊の電話番号2

 

 

 

紙遊 Facebookページ
Facebookのメッセージでも受け付けております。
紙遊のフェイスブック