2月紙遊クイズ答え

答え約60cm×90cm 二三判(にさんばん)は、2尺×3尺のことで、つまり約60cm×90cmくらいの大きさとなります。 手漉き和紙の多くは、この二三判の大きさで作られていますが、全国的に大きさが統一されているわけでは…続きを読む>>>

2020年12月紙遊クイズの答え

和紙は、日本全国様々な地域で作られていますが、 その中でも特に代表的な3つとして、 ・福井県の越前和紙 ・岐阜県の美濃和紙 ・高知県の土佐和紙 があります。   越前和紙は、正倉院の文書にも記述があり、 当時から技術水準…続きを読む>>>

2020年10月紙遊クイズ答え

紙にはタテ目とヨコ目と呼ばれる”目”があります。 目という言葉には細かく一列に並んだもののすき間の意味があり、 木目、板の柾目といった使われ方をします。 紙もこれに近い意味で使われます。 ※木の柾目とは…木が中心を通って…続きを読む>>>

2020年8月紙遊クイズの答え

柿渋って知ってる? 【柿渋】と聞いて、思わず渋柿を食べたときの渋い顔をされた方も いるかもしれません。 【柿渋】とは、まだ実が青いうちに収穫した渋柿を発酵熟成させたものです。 日本では、古くからこの柿渋を塗料や染料として…続きを読む>>>

2019年12月 紙遊クイズ答え

和紙を触ると、手触りに違いがあります。 基本的に、つるつるしている側が「表」、 ざらざらしている側が「裏」になります。   これは、和紙を作る工程~乾燥~で生まれる違いです。 手漉き和紙は、干し板に張り付けて乾かしたり …続きを読む>>>

2019年10月紙遊クイズ答え

群馬県西部に位置する桐生市梅田町に「桐生紙」を生産する工房が1件あります。 桐生川上流の梅田地区で生産される、黄色味を帯びた丈夫な和紙は「桐生紙」と呼ばれ、大正末年頃までは大福帳、通い帳、障子紙などに使用され、多量に生産…続きを読む>>>